カテゴリー
日記

買取額を減額しますと言われても応じる必要はない

車をそろそろ手放そうという時、車を買い取る業者に査定してもらい、売ることが決まった後で金額を下げるように請求されることがあるようです。

ちょっと待ってください、「しっかり検査してみたところ、不具合がありました。なので買取額を減額します」と言われてしまったとしても応じる必要はありません。

その不具合があることを知りながらにして事前の報告を怠ったのならともかく、そうでないのなら減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。

たとえ万が一、車を買取に出す際に必ず必要である納税証明書をなくしてしまった場合、自動車税を納付した都道府県にある税事務所に行って再発行の手続きを行ってください。

もし、所有しているのが軽自動車であれば、市役所だったり区役所だったりが窓口となりますのでご注意ください。

どこに行ったか分からないのならば出来るだけ早く手続きをして車買取に動く頃までには慌てずに出せるようにしてください。

人気の高い車種を売る場合、査定を依頼しても、満足いく査定結果になることが多いですね。

ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナなどは高い査定額が付きやすい、人気車種だと言えます。

例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、売ろうと思った時には人気が落ちているなんてこともあります。

そういった時はかえって査定結果が下がることもありますから、注意してください。

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定を受けても買い取ってもらえない事がほとんどです。

ですが、タイヤがまだ新しかったり、半年以上の車検が残っているなどのなにかしらの値打ちがある車両であれば価値が上がる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。

一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのがお勧めですね。

結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、独身のころから乗っていた車の代わりにもっと大きな車に買い替えました。

それは良いのですが、ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。

買い換え自体初めてだったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で簡単にOKしました。

妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

車買取のほうも検討してみるべきだったと実は今でも、つい考えてしまいます。

車買取に関する質問をみてみると、「他人名義の車は売れるのか」というのが結構あります。

一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば代理人契約という形で売却できます。

記入要件があるので、ネットでダウンロードすると良いでしょう。

また、その車がもし信販会社の名義でしたら、事実上売却不能です。

完済して名義を変更したのちに、査定・売却となります。

皆さんご存知のように、車のローンを返している間は、その車両が担保となっているんですよね。

現在ローンしている車を売却する場合、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。

面倒そうに思えますが、殆どの買取業者みずからが買取の際に売却額からローンを完済し、所有者の移動手続きも行ってくれますので簡単です。

ローン清算額とクルマ売却額の差額から、業者が立て替えたローン分を払うのか、あるいは差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。

いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。

買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。

他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、あれやこれやと文句を付けてそれよりも大幅に低い額での買取を強要してきます。

そんな額では納得できないと断ろうとすると、もう車は手元にないなどと言いだし、運送料、保管料などの理由で多額のお金を請求してくるという手口もあるのです。

また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取代金の支払いがなかったというケースも少なくありません。

訳ありの車、例えば事故を起こしたことのある車だった時などには、値がつくかどうか迷うこともあると思います。

「次は新車にしよう」と計画しているのならば新しい車を購入するとき、同時にディーラーに下取りしてもらうのが、スムーズに行えると思います。

持ち込み先が車買取業者であった場合には普通の買取と共通で、買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

現行のタイプで部品が全て純正であれば割合高値で買い取られることが多いです。

車種であったり、タイミングであったりで異なってくるとは思いますが、外車の場合は事情が違って、車買取業者に売ろうと思った時に査定額に納得できないということが起こることがよくあります。

外車を買い取ってもらいたいという時は買い取っている車が外車だけだという業者か外車の買取を熱心に行っているような業者に査定に出すようにしましょう。

さらに、査定を受ける際は1社ではなく数社の買取業者で行うことが必須です。