ニキビをつぶしてしまったことを反省することが多い

ニキビをつぶしてしまったことを反省することが多い

白く化膿したニキビを見つけると、中身を絞り出してしまいます。

ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのが大好きなんです。

でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビ跡が肌についてしまうのです。

そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、また爪で押しつぶしているのです。

実は肌荒れと吹き出物が関係していることもあるんですね。

というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。

ただし、思春期をすぎてもできるケースがあり、その場合には大人ニキビや吹き出物と命名されてます。

で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、生活習慣には注意が必須です。

そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。

実を言うと、ニキビは潰して良いものと潰してはいけないものとがあります。

潰しても問題ないニキビの状態とは、炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。

このニキビの状態とは、膿が外へ出ようとしており芯も出来始めている状態なのですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。

炎症を起こした状態のニキビは、洗顔などで少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。

ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。

指で触ると痛いだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、さらに炎症がひどくなる可能性があります。

最近ですが、徹夜の日々を送ったらニキビ面になってしまいました。

私は結構ニキビができやすい体質なので、わずかでも肌に負担を感じるとニキビで顔がぶつぶつするのです。

だから、忙しかろうとなかろうと、少しでも早く寝てしっかりと睡眠時間をとるように気を配っています。

ニキビは睡眠不足によって引き起こされるものだと思います。

ニキビというのは再発しやすい肌のトラブルだとよく言います。

治癒したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐにまたニキビはできてしまいます。

繰り返しニキビができないようにするためには、清潔な肌を保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大事だと思います。

ご存知かもしれないですが、ニキビを予防するには、方法は様々です。

一番最初に思いつくのは、洗顔ではないでしょうか。

顔は水だけで洗わずに、洗顔フォームを使って洗うと、予防には効果的です。

顔を洗い終えたら、化粧水で保湿すると、ニキビ予防効果を更に高めることができます。

ニキビを搾ると、膿が出ます。

もっと潰すと今度は芯が出ます。

これがニキビの元となるのですが、潰して芯を無理に取り除くのは決してオススメはできません。

無理やりに潰してしまうのですから、また一段と炎症は広がることとなります。

ニキビ跡としても残ってしまうので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。

10代の時期、チョコレートやスナック菓子を過食すると翌日にはニキビになっていました。

食べ物がてき面に影響するんだ、と認識したものです。

その後、歳をとるとともに食べ物にも用心するようになり、チョコやスナック菓子などは食さないようにしています。

その結果かニキビも完全に見られなくなりました。

ニキビは女性に限らず男性にとっても面倒なものです。

ニキビができないようにケアしている人はいっぱいいると思います。

ニキビができてしまった肌への対処法の一つに水洗顔が知られています。

ニキビでぶつぶつすると、必要以上に洗顔してしまったり、洗顔料で洗顔するのがよいと思ってしまいますが、これらは間違っているのです。

Category : 日記